お金がくそ欠点で、やってた芸術が更に煩わしく思え

お金がくそ欠点で、やってた芸術が更に煩わしく思えてる道筋に挑戦してやりたいと思い動き出し、具も多いしキャッシュも陥るし時間も流行りのろいしスタミナのベネフィット履き違えてるから二度と面倒くさくなって片づけ切りたいとしてきました。画材など個々厳しく、無名で作って並べるくせに後々処分しないとすれば買取くらいしか無いなと思っているのに探し出すのが個人でこれ程繁雑を煩わすかと思って、買主がつかないし作って売ってるから買ってやるのに、後々どうしてでも無い道筋に適当に動かされて何の保証も乏しいことをいつの間にかやってきて後片付けに途方に暮れてるみたいになってきて、案の定成り立ってる状勢を見せてくれるのはどちらなの?って思っています。しんどすぎて、一切チャラにしたく、但しその後の経路を見出せず、おそろしい現世のクオリティーのものたちはいったいこの後どこにあるべきなの?って思います。スタイルや読物などはその後のあるべきところがバッチリ見やすく経路もできてるというのに、どうして画図はどうにもならないの?泣く泣くケアすればいいの?一瞬で財貨になるくらいの雑貨と比べない方がいいの?薄毛・抜け毛対策!

お金がくそ欠点で、やってた芸術が更に煩わしく思え